2018年 7月 18日 (水)

DJポリス「本部や上司、先輩などの指導を活かしただけ。大変恐縮している」

印刷

   警視庁犯罪抑止対策本部のキャラクター「テワタサナイーヌ」が「DJポリス」にインタビューしたと6月12日(2013年)にツイッターで明かした。テワタサナイーヌとDJポリスの会話が載せられている。

   DJポリスは有名になった心境を「日頃から訓練・教養をしてくださる本部、上司、先輩などのご指導を受けて、今回それを活かし広報を行ったことですので、大変恐縮しております」と話し、テワタサナイーヌは「私と違い謙虚なお人柄」だと評している。

   警備当日は「大変な混雑が予想されたため、今回の警備方針を踏まえたうえで、どのようにすれば協力していただけるのかと考えていました」「W杯出場は大変おめでたいことですので、お祝いの雰囲気を壊さないようにと考えました」といたって真面目に答えている。

   DJポリスは4日夜に行われたW杯最終予選・オーストラリア戦の直後、東京・渋谷駅前で軽妙な語り口で雑踏警備を行い、その功績が認められ警視総監賞の授与が決まっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中