2018年 7月 22日 (日)

「飛ぶ統一球」黙ってたこんな憶測…「2年で変更メンツ丸つぶれ」「メーカーへの配慮」

印刷

   ボールひとつで、てんてこ舞い。日本のプロ野球はこの10年ほどボールに翻弄されきたといってもいいかもしれないが、ここに来て、今季から行われたボールの「微調整」と、その非公表事件がワイドショーのトップニュースになる事態へと発展した。

ホームラン乱発批判で飛ばないボール。点入らずつまらんで一転飛ぶボール

   プロ野球ではかつて反発力が高いよく飛ぶボールを使い、ホームランが量産された時期があった。ライナー性の当たりがぐんぐん伸びる。打者が崩れた体勢で何とか当てて、フラフラと外野に飛んだ打球が外野席に入る。小柄な中距離ヒッターに見える選手がシーズン30本以上のホームランってな具合である。

なぜ言わなかったのか

   ホームラン乱発でホームラン本来の価値が損なわれている、点が入りすぎて試合が大味でつまらん、投手はたまらん、グローバルスタンダード(アメリカ)からずれているなどといった批判が高まり、2011年シーズンからは、反発力の低い飛ばないボールで統一することになった。すると球界は一転して、投高打低に。ホームランは激減し、今度は点が入らなくなってつまらん、これじゃ打者はたまらんといった批判が出てきた。

   そんななか、統一ボールを策定した日本野球機構(NPB)はボールに問題はない、変更はしないとしてきた。しかしそのウラで、今年からボールが飛ぶようにこっそりと「微調整」を加えていたことがわかり、それで大騒ぎなんである。

要領得ない日本野球機構の説明

   野球のボールはどの程度反発すべきなのかは喧喧諤諤の問題だが、とにかく「なんで『飛ぶボールにしますよ』って言わなかったのか」(羽鳥慎一キャスター)は、誰もが腑に落ちないところだ。機構・コミッショナー側の要領を得ない説明も火に油を注いでいる。

   非公表のウラに、導入からわずか2年で変更することのメンツの問題、ボール業者への配慮などがあったのだとしたら、それこそまさしく「不祥事」ではなかろうかしらん。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中