J-CAST好評連載中「フジ三太郎」、NHKおはよう日本で特集「なぜかいま人気です」

印刷

   J-CASTニュースで好評復刻連載中の4コマ漫画「フジ三太郎」が、6月13日(2013年)のNHK「おはよう日本」で特集された。朝日新聞での連載終了からはや20年以上、「サラリーマン」という言葉さえ死語になりかかっているこのご時世に、なぜか人気が再燃しているという。

   きっかけは、この4月に刊行された電子書籍版だ。番組では、作者のサトウサンペイさん(83)が自ら最新の液晶タブレットを使い、かつての原稿を手直しする様子や、発売をきっかけにツイッターなどを通じて、世代を越えた反響が巻き起こっていることが紹介された。

   漫画の主人公・フジ三太郎は万年平社員の、いわば「ダメリーマン」。サトウさんは「やはりどこか気楽じゃないとみんな面白くない。ただどんなふざけであろうが、気楽であろうが、その中にほんのちょっと『本当にそうだね』という感覚が入ってないと」語った。

   特集冒頭では、阿部渉アナが三太郎になりきり、漫画に合わせて声を当てる寸劇コーナーもあった。ところが、これが妙に甲高い声の演技で、隣の鈴木奈穂子アナは漫画そっちのけで大笑い!(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中