中田喜子と原日出子「主婦的下町散歩」次々お土産買うおばさんの生活感好もしい
<おでかけ日和>(フジテレビ系)

印刷

   中田喜子と原日出子、2人の女優がとうとう散歩番組に進出した。コンセプトは「大人の女性の街歩き」といったところか。いま街に出て見れば、美術館、展覧会、映画館、催事場、どこに行っても元気なのは50代以上のミセスたちだ。子育ても一段落し、自分たちの時間ができた女性たちが、昼間に気の置けない友人やママ友とちょっとおでかけする場所を紹介している。
   この日は、明治座に長く出演している梅沢富美男をナビゲーターに、界隈の人形町をお散歩していた。梅沢は「人形町は蛍のケツだから」という。なんのことかと思ったら、蛍のケツ=明るい=詳しいとのこと(苦笑)。
   ほかのお散歩番組と違うところは、行く先々で、2人の荷物が増えることだった。なんだかんだ立ち寄るお店で、お土産を買ってしまうのだ。たしかに、女性は美味しいものを食べると、自分だけ食べては申し訳ないと、家で待つ家族のためにお土産を購入したりする。そのあたりの主婦的なところが垣間見えるのも楽しめる。最近、離婚した中田と原の荷物の量の違いもリアル。
   甘酒横丁で甘酒を飲み、焼き鳥や厚焼き玉子、すき焼コロッケ、自家製メンチのお惣菜をお持ち帰り。流行のパンケーキのお店も押さえ、昭和2年創業の下町風情あふれる老舗で旬の魚料理に舌鼓を打つ。花より団子のお散歩番組もたまにはいいか。(放送2013年6月15日9時55分~)

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中