マー君好きでも星野は嫌い?セ・パ交流戦2位なのに観客動員ビリ「楽天」の残念!
<プロ野球セ・パ交流戦終了にともなう総括>(各局)

印刷

   各局などと書いても、地上波ではほとんど放送がなかった。スカパーを契約していない人にとっては、チャンネル探して旅がらす。テレビ神奈川やテレビ埼玉、BSイレブンやBSトゥエルビ、有難いのはNHK BS1やBS日テレ、BS TBS。たまに東京MXテレビ。
   テレビ局は冷たくても、ちょっと待て。今年の交流戦の観客動員数は387万1969人で昨年の1.6パーセント増である。お客は増えているのである。しかも、1試合平均2万6889人で昨年より微増。普段の西武球場のガラガラから見れば、交流戦様々なのである。
   面白いのは交流戦以前はドンビリに近かったソフトバンク・ホークスが15勝8敗で優勝したこと。なんでセ・リーグ相手だと勝つんだい。この理由はよくわからない。2試合2試合なのでピッチャーのやりくりがしやすいという説もあるが、それは全球団に言えることだろう。ソフトバンクは普段でも客が入っているので、セ・リーグ相手で張り切るということでもなさそうである。
   さらに面白い数字は、15勝9敗でソフトバンクに次いで2位の勝率だった東北楽天ゴールデン・イーグルスが、開幕負けなしの田中マー君の活躍にも拘らず、観客動員数はドンビリの21万2899人。観客動員数トップの読売ジャンアンツや2位の阪神タイガースらの半分以下の人気のなさである。マー君は好きでも、星野監督が嫌われているのか。それとも、まだまだ余裕のない大震災の影響か。(放送2013年6月18日)

(黄蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中