コンフェデ全敗!本田圭佑ビッグマウス「格が違った。来年はチーム本田で世界驚かす」

印刷

   サッカーのコンフェデレーションズ・カップで、日本は1次リーグ3試合に全敗してガックリ。とくに、きのう23日(2013年6月)早朝のメキシコ戦は、決定力不足と一瞬のスキをつかれる欠点を再度露呈した。

   この試合、前半の日本はいい滑り出しだった。4分に香川のシュートがキーパーにはじかれ、9分には遠藤のシュートを岡崎がコースを曲げてゴールしたが、オフサイドの判定となった。微妙だったが、これが決まっていれば試合も決まっていただろう。

   後半はメキシコに2点をとられてやや意気消沈の41分、遠藤の巧みな落としに岡崎が合わせた1点は見事だった。岡崎のすぐ後ろに本田が走り込んでいたのも、いつもと違っていた。日本は大きく変わってはいた。

「イタリアはバテていても勝つ。ボクらは勝ち方がわからない。そこが『格』だ」

   ブラジルにはまったく歯が立たなかった。ネイマールのシュートはキーパーが絶対とれないところへ決めてくる。イタリアも数少ないチャンスをきっちりと決める。これが超一流というやつだ。並みの一流との差はとてつもなく大きい。

ゴン中山が予言

   W杯出場が決まった時、本田は「『個』をみがく」といった。イタリアに負けたときは「残念です」としかいわず、「いま気持ちの整理ができていないから」とコメントを避けた。メキシコ戦のあとはカメラに無言だった。

   けさ24日のスポーツ紙によると、テレビカメラには答えなかった本田が、スポーツ記者の前で14分間激白していた。「自信の差が『格』になる。イタリアはあんなにバテていても勝つ。ボクらは一生懸命やっているのに勝ち方がわからない。そこが『格』だ」

本田の自信と叱咤…チームメイトの中で浮く心配

   本田はビッグクラブへの移籍の期待もにらみながら、自身が「格」を身につけチームを引っ張る。チーム本田の総力戦になるとしたうえで、「来年、世界にビッグサプライズを起こせると信じている」と話したという。「チーム本田」とはいいもいったり。自信のほどはよくわかるが、さてチームメイトはどうみるんだろう。

   最終戦の後半、本田の不調が目についた。3戦を通しても、トラップはもともとうまくない、パスミスはする、ボールは奪われる、シュートはキーパー正面といいとこなしだった。本田に限らないが、ミスが起点となって失点に至ったのは、ブラジル戦、イタリア戦でも同様だった。しかし、解説でも新聞記事でもこれをいうものはなかった。誰もが見てるだろうに、本田だからか。だとしたら、そっちに問題がある。

   司会の小倉智昭「日韓W杯の決勝戦(ブラジル・ドイツ)をゴン中山と観たんですね。そのとき『日本がこういう決勝戦までくるのはいつごろなんだろう』っていったら、ゴンちゃんが『ボクらが生きている間はないでしょうね』といったのがわかる(笑い)。それくらい歴史の積み重ねなのかも」

   いやいや、イタリアには実質互角だった。ほんの数年前には考えられなかったことだ。そこまで来たといおう。本田1人のせいじゃないぜ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中