2019年 5月 27日 (月)

辛坊治郎さん「救助費用1000万円」個人負担しろ4割、いや勇気を買うべきだ6割

印刷
今ならなんと30日分が実質無料!『まるっと超熟生酵素』

   ヨットで太平洋横断を目指していたフリーキャスターの辛坊治郎さん(57)と盲目のクルー岩本光弘さん(46)が、三陸海岸から1200キロの太平洋上で浸水のため船体を放棄、救命ボートで10時間漂流したのち海上自衛隊の飛行艇に救助された。

   辛坊らは今月8日(2013年6月)、大阪を出航して小名浜に寄港したあと、16日にアメリカ・ダンディエゴへ向かって出航した。19日の低気圧を乗り切って一息ついた 21日早朝、船体を下から突き上げるような音が続いて右舷から浸水が始まったという。

大荒れの海で海自と海保が決死の救難活動

   「数分間で数十センチ」という浸水で、排水作業も追いつかず、救難信号を出して午前8時1分にライフラフト(救命艇)に乗り移った。7時間後に上空にエンジン音が聞こえ、海上自衛隊の救難飛行艇US-2を確認したが、波高が3メートル以上あって着水できなかった。日没直前にようやく着水できるようになりボートで救出された。これを別の海自機が撮った映像があった。薄暗い海面に浮かぶ機影は小さく頼りなく見えたが、日本の飛行艇の技術は世界一を誇る。

冒険とはそういうもの

   厚木基地に着いた辛坊らはおととい22日未明に記者会見して、「2人の命のために、11人の海上自衛隊のみなさんが命がけで救助してくださった。ああ、素晴らしい国に生まれたなと思います。モーターボートのエンジン音が聞こえたとき、本当にうれしかった」と涙を流した。

   当時の海上は飛行艇が訓練でも降りたことがないような状況だったといい、辛坊は「申しわけありませんというしかない」「ご迷惑をおかけしました」と頭を下げた。

   司会の小倉智昭「辛坊さん、助かってよかったですよ。40年乗っていても海はこわい」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中