2018年 7月 23日 (月)

横浜「女子大生刺殺」犯人学生サディスト「カッターで手の甲に名前彫られた」

印刷

   先週20日(2013年6月)午後11時45分ころ、横浜市瀬谷区のマンションで4階に住む女子大生・白木志穂莉さん(19)が刺殺され、現場に高校時代から交際し、別の大学に通っている学生(19)が腹や胸から出血して倒れていた。少年は命に別状はなく、この少年が白木さんを殺害したと見られる。

普段から暴力「いつも足に何か所もアザ」(友人)

   犯人の学生は普段から白木さんに暴力を振るったり、傷つけたりしていたという。白木さんと同じ大学の男子学生は「彼女の手の甲には彼の名前をカッターで彫られた跡があった。手を押さえつけられ、無理矢理カッターで彫られたと話していた。足にも何か所かのアザがあって、彼に蹴られたり殴られたりしてできたアザのようでした」と話す。

警察に相談早ければ

   友人の女子学生は「一緒に遊びに行こうと誘ってもダメでした。彼に事前に話していないから遊びには行けないというのです。彼に怯えていたようだった。別れたいけど別れてくれないと聞いたので、一緒に警察に行こうといったら、警察に連絡する前に殺されるとも話していました」という。

「助けて!」悲鳴聞いた母親、玄関出て血だらけの娘発見

   近所の住人は事件当夜、「深夜12時前、男女が言い争う声がしました。何を言い争っているのかは分からなかったが、激しく喧嘩をしているようでした」と語る。

   阿部祐二リポーター「白木さんと逮捕された少年は自宅に通じる階段の踊り場で倒れているところを、彼女の母親によって発見されました。その直前、母親は助けてという悲鳴を聞いていたそうです」

   キャスターのテリー伊藤「彼女と別れてしまえば人生が変わり、彼女との距離がますます大きくなる。その恐怖から逮捕された学生は犯行に及んだのではないか」

   コメンテーターの勝谷誠彦(コラムニスト)「厚かましいと思われてもいいから、身の危険に気づいていたなら、無理にでも彼女を警察につれて行くべきだった。それを躊躇したから今回の事件が生まれた」

   女子大生の方がマインドコントロールされていたんじゃないかな。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中