宮澤佐江AKBとの兼任解除「SNH48一本の始まりじゃー!」

印刷

   AKB48との兼任が解除されたSNH48の宮澤佐江(22)は「今後、AKB48の活動にSNH48の宮澤佐江として参加させて頂く機会があれば、その時は、思いっきり『自分』を出していきたいです」と6月24日(2013年)のブログに書いた。

   2012年11月にSNH48への移籍が決まったが、まだ中国のビザが下りず活動ができない。そのため4月(2013年)にAKB48との兼任が発表されたが、10位となった選抜総選挙のスピーチでは「SNH48一本で行きたい」と語っていた。

   「NO MIYAZAWA NO SENBATSU!という心意気は変わっていません。これからも引き続きAKB48グループを、そしてSNH48の宮澤佐江をよろしくお願い申し上げます」という。また心配するファンの声にはツイッターで「宮澤佐江終了のお知らせってなんなん?笑 終わらせねーよ?むしろ始まりじゃー!」と意気込んだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中