京都・宇治川の世界遺産周辺で桜100本バッサリ!国交省「河川改修に邪魔」

印刷

   京都・宇治市を流れる宇治川をはさんで、西側に世界遺産に指定された平等院、東側に宇治上神社、その間の中洲にあった名所の桜100本ほどが突如消えてしまった。切ったのは国土交通省近畿地方整備極淀川河川事務所で、「洪水対策のために川床を掘る改修工事に伴う伐採」と説明すしている。宇治市には何の連絡もなかった。

源氏物語の舞台…通知なく地元は「知らなかった。みんな驚いてる」

   中洲の宇治公園界隈は源氏物語の「宇治十帖」に描かれた舞台で、350本の桜や松が植えられ、毎年、「宇治川さくらまつり」のメイン会場となっている。河川事務所は京都府には事前に通知していたらしく、京都府は「伐採は極力少なくしなくし、移植して欲しいと要請していた」という。

考えがなさ過ぎる

   しかし、宇治市に対しては「必要な手続きとは考えていなかった」(五十川・河川事務所副所長)というから、住民の多くが知らなかったのも当然で、「全然知らなかった。みな驚いてますよ」と怒る。「宇治の世界遺産を守る会」の薮田秀雄さんは、「ここ全体が世界遺産景観ですよね。これを壊すというのはとんでもないことです。国がやることは市町村は黙って着いて来いっていうやり方は、今はもう通用しない」と怒り心頭だ。

工事は半ば…さらに伐採の可能性

   司会のみのもんた「もうちょっとやり方ってないのかね。ただ木を切るのじゃなくて。景観も大事、治水対策もって、あるはずですよ」

   まだ工事は半ばで、さらに桜の木を伐採する可能性があるという。河川事務所にとって大事なのは上から指示が来た河川対策だけで、その川が暮らしや文化にどんな意味を持っているかなんてどうでもいいんだろうな。こういうことが日本中で行われている。それこそ「日本を取り戻せ」なのに…。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中