<土曜プレミアム「ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ」>
福山ガリレオ相方やっぱり柴咲コウでしょ!本領発揮のスピンオフドラマ

印刷

   翌週に最終回を迎える「ガリレオ」のスピンオフドラマだった。今回のシリーズ第1話でアメリカ・オクラホマへ研修に行くことになった内海薫刑事(柴咲コウ)が主人公である。

   長野県警から指名手配されていた上念研一(ユースケ・サンタマリア)を内海刑事が拘束し、いったんは自供させたものの、上念が調書とは異なる供述をして容疑を否認したため、窮地に追い込まれる。内海は長野県警に乗り込み、県警の当摩健斗刑事(柳楽優弥)と再捜査を開始する…という話だ。

柳楽優弥シャープになって役の幅広がりそう

   長野県警の署長(余貴美子)、関岡刑事(伊武雅刀)も脇役としていい味を出していたが、内海と相棒を組んだ当摩健斗(柳楽優弥)が良かった。以前、テレビで見かけた時は、生活が荒れていたのか、激太りしていて印象も違ったが、今回、痩せてイケメンになっていたので驚いた。14歳という史上最年少でカンヌ国際映画祭の最優秀男優賞を受賞してた柳楽は、もともと芝居は上手いのだから、これから先が楽しみだ。柳楽の活躍はこのドラマの収穫だった。

   科学も物理も関係なく、湯川学教授(福山雅治)もほとんど出ず、これが「ガリレオ」かという気もするが、普通にドラマとして楽しめた。久々に内海刑事を見て、本編最終回を前に、やっぱり「ガリレオ」は内海刑事のほうがしっくりくるなあと確信した視聴者も多かったのではないかと思う。もし、第3シーズンをやるとしたら、やはり、湯川教授の相方はオクラホマから帰国し、一回り大きくなった内海刑事でお願いしたい。(フジテレビ系22日よる9時~)

くろうさぎ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中