佐田・議運委員長「買春辞任」知る人ぞ知る女好き!第1次安倍内閣でも大臣辞任

印刷

   テレビ映像は撮ったときはほとんど価値がないものでも、あとで意味をもたせることがあるから面白い。おととい26日(2013年6月)の通常国会最終日の衆院国会対策委で、佐田玄一郎議運委員長(60)はなにやら心ここにあらずで、しきりにため息をつく様が写っていた。そのあとで衆院議長に委員長辞任の意向を伝えた。

   翌27日発売の「週刊新潮」が佐田の女性スキャンダルをすっぱ抜いていたのだ。内容はなかなかのもので、20代の女子大生とラブホテルで20回も逢っていて、そのつど4万円を渡していたと写真つきで報じられた。

政局緊迫の終盤国会でもいそいそとラブホテル通い

   佐田は群馬県前橋市の出身。祖父が参院議員という家柄で、1990年以来連続8回当選というベテランだ。小渕恵三元首相の側近で、2006 年には第1次安倍内閣で行政改革相に就任した。ところが、事務所経費7800万円の架空計上が明るみに出て3か月で辞任。安倍内閣は3人の大臣が不祥事で辞任し、参院選の惨敗につながった。それが今度は女だという。

参院選への影響

   佐田の女好きは「知る人ぞ知るで、党内では広く知られていた」というのは田崎史郎(時事通信解説委員)だ。「国会議員としての自覚の問題がありますよね。週刊誌によると、終盤国会の大事な時に、夕方5時半ころに抜け出してラブホテルに行っちゃってる」

   地元前橋では「20回!? バカだね本当に」「公人だものね」「そんなことをするとは思えない人だが」「じいさんの代からだよ」とあきれている。駅前の事務所には「ヤング&クリーン」と書いてあった。どこが「クリーン」だ? さすがに、カーテンを下ろして閉まったままだ。

買春なのか、援助交際なのか、愛人なのか…

   司会の小倉智昭「買春なのか、援助交際なのか、愛人なのか。どれをとっても誉められない。安倍内閣への影響はありますかね」

   田﨑「1人だけならこれで収まるでしょう。タイミングとしては、通常国会の終わりが水曜日で、週刊誌が木曜日だったので助かっている。あともうひとつの週刊誌で副大臣の外国での行為が問題にされていて、報道されるだけで自民党のイメージは傷つく」

   深澤真紀(コラムニスト)「この手の話は男性だから仕方がないというけど、説明責任はあると思いますよ」

   小倉「これが参院選にボディーブロウのように効くのかどうか。あちらも鳩山さんの話もあるし…」(笑い)

   こんな連中に議員やらせておいちゃいけませんよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中