習志野高「同級生殺傷」消しゴム投げられからかわれた恨み?無口でおとなしい生徒

印刷

   きのう27日(2013年)の12時過ぎ、千葉県の習志野市立習志野高校で、2年生の男子生徒が同級生を刺して殺人未遂容疑で逮捕された。4時間目の授業が終わり、先生に起立して礼をした直後に、生徒はカバンからナイフを取り出して被害生徒の胸などを刺した。被害者も加害者も1年生の時からクラスメートだった。

教頭「刺された生徒は活発でスポーツマンタイプ」

   教頭はこう話す。「刺された生徒はスポーツマンタイプで活発な生徒でした。刺した方は無口でおとなしく、1年の時は休みがちでしたが、2年になってからは毎日通学していました。今回のような事件を起こす生徒とは考えられませんでした」

2人の間に何が?

   司会の加藤浩次「刺した方の少年はその後逃げていますね」阿部祐二リポーター「先生は刺された少年の処置に当たっていました。処置をする直前、刺した少年に席に座っていなさいと命じ処置を始めましたが、その隙に逃げたようです。

   刺した少年は自転車通学をしていました。その自転車に乗って約5キロ離れたショッピングセンターに行き、そこでタクシーに乗り換えたようです」

「イジメなどはなかった」学校側否定

   キャスターのテリー伊藤「消しゴムを投げられたことで侮辱されたという思いがあったといいますが、そう思う何かが2人の間であったのかな」

   加藤「2人の間でイジメとか嫌がらせということはなかったのかな」

   阿部「そういうことはなかったと教頭は話していました。でも、以前から2人の間で何かがあった可能性が考えられます」

   その何かを報じるのがレポーターの仕事じゃないのか。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中