小林よしのり「HKTメンバーと仕事。子どもがいないから父性愛が発動しちゃう」

印刷

   漫画家の小林よしのり(59)が雑誌の企画でHKT48のメンバーたちと会ったと6月27日(2013年)のブログで明かした。ブログ(19日)での「NMBは最高だ! これからはNMBだけに嵌っておこう」発言をとがめられたらしく、「あんな邪気のない素直な目で、楽しそうに向き合ってこられたら、もう降参するしかなかった」という。

   かつて「養女にしたい」と伝えた村重杏奈(14)は、どうやら「養女」を看護師の事だと勘違いしているようで、「それじゃあわしが寝たきり老人になっちまうじゃないか」と話す。また彼女が指原莉乃(20)を尊敬していると聞くと「完全に洗脳されてる」と言いながら、「わしがアンチ指原だと知っていて、素朴に指原への憧れを口にする態度が、とても好感を持った」という。

   NMBに心変わりしたのではなく、「HKT48はわしの故郷のアイドルだ。興味を失うわけがない」そうだ。研究生の田島芽瑠(13)から公演に誘われ「いつか行く」と約束しながらも、「会うともう父性愛が発動して、どうにもならない。やっぱり子供がいないのが、わしの最大の弱点みたいだな~」とぼやいている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中