アメリカの期待外れになりそうなイラン穏健派大統領!実質支配者ハメネイ師には逆らえず

印刷

   イランで8年ぶりに穏健派の大統領が誕生した。ハッサン・ロウハニ氏はかつて西側との交渉の責任者で、「外交の賢人」と呼ばれた。大統領選でも「核問題を解決するには対話しかない」と訴えた。オバマ米大統領も対話による事態打開への期待を口にした。イランは変われるのだろうか。

経済制裁解除・強権政治の廃止が最優先課題

   保守強硬派のアフマディネジャド政権は、核兵器開発疑惑で西欧諸国と、シリアのアサド政権支援で周辺国と対立を続けてきた。西欧諸国の経済制裁で通貨は3分の1に下落し、物価は1年余りで2倍になって国民の生活を圧迫した。この経済の閉塞状態から抜け出すこととイスラム的な抑圧からの解放が選挙の焦点だった。

   イランの政治は最高指導者ハメネイ師を中心に動く。当初、師に近い候補者が優勢と見られていたが、途中から変わった。ロウハニがシンボルの大きなカギをかざして、「核開発問題も経済制裁もこの英知のカギで解決できる。経済の建て直しもできる」と訴え、「扉を開けて」と叫ぶ姿が国民を捉えた。

   得票はハメネイ師派の2人を合わせた17%に対し、ロウハニは50%を超える圧勝だった。支持派の若者は「現実味がある。新しい道を開くと信じている」と語る。貿易会社の経営者は「通貨の暴落で収益は2年前の4分の1になった。国が核を持つことより生活が大事」という。

   ロウハニは政権から抑圧されてきた人たちの支持も集めた。全国紙の編集長は政府の無策を批判する記事を掲載しようとして、記者たちが拘束された。「経済、社会、文化部から1人づつ、政治部は2人」という。ロウハニは言論の自由を訴えていた。選挙では、学生たちが治安当局の目をかいくぐってネットで投票を呼びかけた。「みんなが5人の友だちにメールすれば、何万人もがロウハニに投票することになる」――大勝利の一因となった。

大統領選惨敗の保守強硬派巻き返し

   しかし、イランには大統領の上がいる。そのハメネイ師の意はどうなっているのか。日本エネルギー経済研究所の田中浩一郎・中東研究センター長は、「候補者選びの段階で審査がある。今回は8人が残って、最後は6人になったが、広くいえば(ロウハニも)許容範囲内」という。

   経済制裁解除は核問題の行方次第だ。ロウハニは2004年、西側との交渉でウラン濃縮活動の一時停止を打ち出している。著書でも「国家の安全か原子力による繁栄かとなれば、私は間違いなく前者をとる」と書いてもいる。当選後、ロウハニは「(核開発に)やましいことはないが、一層透明性を高めていく」と表明した。側近の1人は「透明性」がロウハニ政権を読み解くキーワードだという。

   米国務省筋は「転換点になるかもしれない。イラン指導部の中でこれまでにない動きがある」と期待感をいう。しかし、田中氏は「大統領ひとりでできることは限界があります。コンセンサスには段階もあり時間がかかる。といって、彼自身が動くと指導部との対立になる。米は過剰な要求や期待を持たないことだ」という。

   改革派を大事にしたいのはわかるが、ハメネイ師に近い候補者が票を集められなかったのは、ハメネイ師にもショックだったはずである。これがどんなリアクションになるのか。読める人はいない。難儀な国だ。

   NHKクローズアップ現代(2012年月日放送「イランは変わるのか~穏健派新大統領の課題~」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中