<有田とヤラシイ人々>
レポーター阿部祐二ヤラシイ自慢「オレほどユニクロジーンズでカッコイイ奴いない」

印刷

   自慢話や裏のある話、いわゆる「ヤラシイ話」を「ヤラシイは正しい」をコンセプトに有田哲平(くりーむしちゅー)がゲストと繰り広げる。この日は田中卓志(アンガールズ)、阿部祐二、児嶋一哉(アンジャッシュ)、はるな愛、多田健二(COWCOW)、森崎友紀、秋山成勲が出演した。「ヤラシイんですけど、実は…」みたいな感じの話が、ゲストの口から延々と続くだけの内容なのだか、なかなかに面白い。

森崎友紀「美貌生かして料理に関係ないイメージDVDもヒットしたわ」

   最初のヤラシイ話は料理研究家の森崎友紀だ。彼女は美貌を生かし、料理とは無関係の自身のイメージDVDを1万5000枚も売り上げた。「もうすぐ『YUKI'Sキッチン』もやると思いますよ」など、決まってもいないのに自信満々に言ってのける。今まで努力してきた演技の勉強や7段の腕前の書道、料理もすべて報われて、今につながってきたという彼女は、自分を売り込むためにしゃべりまくる。もううるさくて、はるな愛が「ほんとよくしゃべりますね!」と皮肉を飛ばす。

秋山成勲「このセクシー筋でモテまくりだよ…」

   COWCOW・多田健二もあたりまえ体操DVDを7万枚売ったと話し、アンガールス・田中も2枚のDVDを合計10万枚売ったと、ヤラシイ話が続く。格闘家の秋山成勲のヤラシイ話はK-1ブームのころ、他のスポーツ選手よりモテまくりだったという自慢から筋肉美の話題へ。「セクシー筋」と名付けた両脇腹にポッコリと出た見事な筋肉を披露する。

   しかし、この日、一番輝いて見えたのがリポーターの阿部祐二だった。彼のヤラシイ話とは「きょうはユニクロのジーンズを履いているが、俺がユニクロを履いたら誰よりもカッコよく見える」という。一番しょぼい話なのに、どこかおかしい。

   その後も「俺はリポーターとしても別格。取材対象者が自分から寄ってくるんだから」と自慢タラタラ。本日の「THEヤラシイ」にも選ばれ、1万円を獲得した。「このおカネでまたユニクロのジーンズを買う」と言うから、やっぱりヤラシイのかもしれない。(TBS系6月25日深夜11時58分)

PEKO

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中