2018年 7月 20日 (金)

対馬・仏像窃盗団に実刑…でも返還しない!韓国裁判所「屁理屈」判決

印刷

   長崎・対馬の寺から仏像を盗んだ韓国人窃盗グループの裁判が韓国テジョン地裁で6月28日(2013年)に開かれ、7人のうち6人に懲役1~4年の実刑判決が言い渡された。

   当然のこと、盗まれた仏像は日本へ返還されるものと、「朝ズバッ!」スタッフが韓国を取材したところ、盗んだものでも韓国由来のものは返さないという変な理屈で煙にまかれてしまった。

判事「返したら浮石寺の所有権行使できなくなる」

   判決後に取材に応じたテジョン地裁のジャン・ドンヒョク公判判事は、「判決は仏像の所有権関係や返還については言及していません」という。

韓国も考えた方が

   窃盗事件で所有権関係を言及しないのはおかしいのだが、韓国慶尚北道栄州市にあるプソクサ(浮石寺)が「仏像はプソクサのもので日本の倭寇に略奪された」と主張し、返還差し止めの仮処分申請しているために返還を渋っているのだ。

   ジャン判事はその理由を「仏像が日本に返還されれば、プソクサの所有だと最終判断がなされたときにすでに仏像はなくなっていて、プソクサの所有権を行使できない恐れがある」と語った。

   倭寇が略奪したものかどうかも分からない何百年も前のことをどう証明するのか。最終判断などできない可能性がある。取材に応じたプソクサの僧侶の言い分も呆れる。

「韓国は日本に仏教や仏像を伝えました。それなのに日本人は寺を燃やし仏像を奪っていきました。過去の歴史を日本は認める姿勢はあるのかということです。返還して欲しければる略奪ではなく友好的に贈られたことを日本側が証明すべきだ」
文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中