小林よしのり「AKB48はアリ地獄。テレビつけると出てるから夜更かししてしまう」

印刷

   漫画家の小林よしのり(59)が「AKB48はアリ地獄だ」と7月3日(2013年)のブログで嘆いている。6月12日には執筆中の『AKB論』で「わしのAKBに関する一切の言論活動は終わる」と宣言していたが、まだまだAKBが気になるようだ。

   テレビ番組「AKBINGO!」(日本テレビ系)を見ながら寝ようとしていたら、大ファンの市川美織(19)が「レモ柳徹子」(黒柳徹子のコスプレ)で出演していて、「出たかーーーっ AKBINGO!は、やっぱりセンスある」「レモ柳徹子が出るなら、AKBINGO!は見逃せねーーーっ」と興奮し、「夜更かし」してしまったと語る。

   「ちょうどテレビをつけたときに、AKBGのメンバーが出てるから、何か思わざるを得ない」と、かつて対談したHKT・村重杏奈(14)には「ついに全国区の知名度を得た。着実に自分の力で道を切り開いているじゃないか」と「褒めてやりたくなる」といい、NMB・山本彩(19)には「総選挙後、本当に野獣のようにどん欲になったんだな」と喜んでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中