2018年 7月 23日 (月)

千葉『縫い針混入』逮捕男も模倣犯?流山の4件以外は「オレじゃない」

印刷

   千葉・流山市などでパンなどに縫い針が混入された事件で、きのう4日(2013年7月)、新たに市川市内のコンビニでパンから針がみつかった。これで9件目だが、おととい捕まった28歳の男が認めているのは流山市内の4件の犯行だけ。他は模倣犯の可能性が高くなっている。

   千葉・流山市などでパンなどに縫い針が混入された事件で、きのう4日(2013年7月)、新たに市川市内のコンビニでパンから針がみつかった。これで9件目だが、おととい捕まった28歳の男が認めているのは流山市内の4件の犯行だけ。他は模倣犯の可能性が高くなっている。

きのう市川でもクリームパンから…高校生ガブリ!

   9件目が見つかったのは東西線の行徳駅に近いコンビニだった。クリームパンの中に仕込まれていて、きのう午後にこれを買った男子高校生が食べたところ、歯が針に当たったという。高校生にけがはなかった。

模倣犯の模倣犯

   このパンはおととい午後3時すぎに搬入され、「検針」検査をした上で陳列されて丸1日が経っていた。陳列棚はレジのすぐ前にあり、店員の目が届く場所だった。大胆な犯行ということになる。警察は防犯カメラの解析を急いでいる。

   針混入事件では無職の永木智弥容疑者(28)が逮捕されているが、自供では流山市内だけという。永木の逮捕(柏市内)は市川のパン搬入時間より後なので可能性がないわけではないが、永木は捕まったときの所持金が数十円でホームレスのような生活をしていた。わざわざ電車賃を使って市川までとは考えにくい。

千葉市内の2件を真似て次々…?

   司会の小倉智昭「だれが考えても、複数の犯行かと思いますよね」

   笠井信輔キャスターが9件の犯行を時系列で並べて見せた。すると、最初は千葉市内の2件で、4月末、5月、6月末に流山市の3件。次に印西市の1件があって、今月2日の流山、船橋と続き、きのうの市川となる。笠井は「永木容疑者も実は千葉の犯行を模倣したのかもしれない」という。

   小倉「千葉の人たちはまだ安心というわけにはいかないが、とりあえずはパンを食べるときは注意して」

   流山以外に5件あるのだが、その防犯カメラの解析がまだできていない。模倣犯を絞りきれるのか。警察署の腕比べでもある。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中