2018年 5月 25日 (金)

英国キャサリン妃今月末が予定日!ベビーシャワーにフィンランド政府「コンドーム」

印刷

   今月末(2013年7月)が予定日の英国キャサリン妃の王位継承3位となるロイヤルベビー誕生がもたらす経済効果は4億ドルともいわれ、ブックメーカーでも名前が賭の対象になっている。女の子はアレクサンドラ、男の子はジョージという名前が一番人気だ。

   英国王立鋳貨局はベビー誕生に合わせて1ペニー銀貨を発行すると発表した。2013年と入り、同じ日に誕生した赤ちゃんには無料で配られる。

産後すぐに妊娠は母体に危険

   ベビーシャワー(出産前祝い)も届きはじめている。フィンランド政府からはスノースーツやロンパース、フード付きバスタオルやオムツかぶれ用クリームなど、実用的な赤ちゃん用品に混ざって、コンドームのセットもあったという。ケンジントン宮殿の報道官は「とても思慮深い贈り物を頂き感謝したい。ケンブリッジ公爵と公爵夫人も贈り物の中身に興味をひかれることでしょう」とあくまで慇懃な対応だ。

   第1子出産後にすぐに第2子を妊娠することが母体に危険であることから、フィンランド政府はコンドームを妊婦への贈り物としているらしいのだが、「ジョークにしてはちょっと..…」「いや、フィンランドという国はなかなか思い切ったことをやる」とネットも賑やかだ。

Noriko Fujimoto

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中