2021年 5月 10日 (月)

自転車事故で母親に賠償9500万円!子どもにマナーの指導不十分

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   自転車事故で何千万円もの賠償金を支払うケースが多発している。神戸地裁は今月4日(2013年7月)、小学生が乗った自転車が高齢の女性に衝突した事故で、子どもの母親に9500万円の賠償を命じた。

   事故があったのは08年9月。神戸市内で小学5年生の男子児童が乗った自転車が下り坂を20キロのスピードで走行し67歳の女性に衝突した。女性は2メートルほど飛ばされ、現在も意識不明の重体だ。裁判所は加害者の小学生の母親が、自転車のルールを十分に指導・注意をしていなかったとした。この家庭は自己破産に追い込まれてという。

携帯しながらの女子高生5000万円、信号無視会社員5400万円

   横浜市では、16歳の女子高生が無灯火のうえ携帯電話を見ながら自転車に乗り、57歳の看護師に背後から衝突した。このケースでは加害者側に5000万円の賠償が命じられた。転倒し歩行困難となった看護師は職を失い、生活保護を受けている。

   東京・渋谷では、自転車に乗った37歳の男性会社員が猛スピードで信号を無視しながら交差点内に進入、55歳の女性と衝突した。女性は頭蓋内損傷で11日後に死亡した。このケースは5400万円の賠償が命じられたほか、男性会社員は禁固1年10か月の実刑判決が言い渡された。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中