2018年 5月 25日 (金)

酷暑の経済波及効果!?気温1度上がると個人消費5000億~7000億円増加

印刷

   日本の各地で唐突に梅雨明けがやって来て、いきなりの猛暑が続いている。けさ9日(2013年7月)「モーニングバード!」では熱中症に警鐘が鳴らされ、人間ばかりか家畜の牛も弱り、農作物の成長に欠かせない雨が足りなかったりと、とかく困ったことが伝えられた。

うだる暑さで日本経済活性化!

   だが、そればかりでもない。羽鳥慎一キャスターは「でも、いい影響もあるんですよね」とリポーターに水を向ける。黒宮千香子リポーターは「経済的にはすごくいいことなんです」と伝える。第一生命経済研究所の嶌峰義清・主席エコノミストは、7月から9月の平均気温が摂氏1度上がるごとに、個人消費が5000億~7000億円増えるんだそうだ。要するに、暑い(時期が長い)と個人のカネ遣いが荒くなる、いろいろ出費せざるをえなくなるワケである。この夏の地獄の暑さで、日本経済バンザイだ。もっとも、平均気温がいきなり1度上がるというのは「異常気象」に近いんじゃないのかな。

いい影響もある
文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中