中居正広がこっそり頼んだ「今井雅之を殺して欲しい」思いっきり水ぶっかけられ犬猿の仲
<ナカイの窓>(日本テレビ系)

印刷

   「名だたる俳優たちが大集結!」ということで、この日のメンツは高橋英樹、今井雅之、大鶴義丹、マギー、金子昇、カンニング竹山とMC中居正広、ゲストMCピース綾部祐二の8人だ。
   中居と今井は中居の初主演ドラマ「味いちもんめ」(テレビ朝日系1995年放送)で共演しているのだが、最初は犬猿の仲だったと告白する。今井が中居にコップの水をかけるシーンでは、本来なら放物線を描くようにかけるのを、今井は容赦なく中居の顔をめがけて思いっきり叩きつけるようにしたことで中居がキレて、本気で喧嘩になったという。
   中居がプロデューサーにこっそり「今井を5話で殺してくれ」と頼んだそうだが、ストーリー上、そうはいかず、そうこうしているうちに、このままではマズいと思った中居が、ある時、意を決して「アイドル嫌いでしょ」と今井に話しかけ、お互いに腹の中をぶちまけ、それをきっかけに飲みに行って意気投合。ついには毎晩、撮影終了後に飲み歩くまでになったという。
   そんな話も興味深かったが、なんといっても盛り上がったのはギャラの話だ。戦隊ヒーローを演じていた金子が「1話4万5000円だった」と当時のギャラを明かすと、高橋はデビュー当時の「日活の主演映画が1本5000円」だったといい、バブル時代にトレンディ俳優として活躍した大鶴は「1話100万円」だったと、まあずいぶんと違う。お金の話になるとみんな饒舌になる。ギャラの話がいちばん面白かった。(放送2013年7月3日0時33分~)

(白蘭)

採点:1
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中