高級自転車ドロボーお笑い芸人・兼島ダンシング間抜け!ネトオクでバレバレ!

印刷

   「世界に1台しかないという自転車ばかりを盗られた」というのは、自転車専門誌の編集長、田村浩さんだ。なんと9台も盗まれて、これをネットのオークションにかけていたとして、39歳のお笑い芸人が逮捕された。その手口がまた、前代未聞だった。

盗む前に写真撮って出品

   ことが起こったのは先月17日(2013年7月)の未明だった。東京・豊島区の田村さん方のガレージから自転車2台を持ち去る男を田村さんの妻が2階から目撃した。1 台に乗り、もう1台を引いていた。ガレージには12台があったが、調べると3台がなくなっていた。残る9台のうち3台を家の中に運び入れたが、翌朝には残りの6台が全部消えていた。被害総額は220万円というが、それぞれがオーダーメイドなので、1台で70万円というようなものもあった。

受注販売だね

   手がかりになったのは田村さんの知人からの通報だった。ネットオークションにかけられている自転車が、「田村さんのものではないか」というのだった。確かにそうだったが、驚いたことに、オークションには写真が出ているのに、盗まれたのは落札された後だった。盗む前に自転車の写真を撮り、オークションにかけて、落札された後で盗んだことになる。調べると、写真の背景は間違いなく田村さんのガレージだった。白昼堂々とガレージに乗込んで1台、1台写真を撮っていたのだ。何とも大胆な。

   しかし、オークションは出品者の身元をたどることができる。捕まったのはダンスパフォーマンスの「兼島ダンシング」こと兼島信茂 (39)だった。兼島は田村さん宅から数分のところにある公民館で、社交ダンスを教えていた。受講した生徒は「レッスン自体がギャグなので、笑いが絶えなかった」という。自転車で通ってきていて、「ママチャリと違うかっこいい自転車だった」と話す。ブログでも「自転車最高」などと入れ込んでいたそうだ。

ダンス教室講師やめて「もっとテレビ出たいんだけど…」

   ダンス講師は3月に辞めていて、辞めるとき知人に「もっとテレビに出たい」といっていたという。お笑いには07年から参入したが、今ひとつというところだったようだ。逮捕に「なぜ逮捕されたかわからない」と容疑を否認しているという。

   司会の小倉智昭「効率いいですよね。受注販売じゃないですか」

   取材した岸本哲也レポーターは、高級自転車はフレーム、ギア、ホイールなど部品としても売れるのだと説明する。だが、肝心のポイントに触れない。ネッ トオークションはモノの受け渡しがあるから必ず足跡が残る。そんな単純な犯罪をホントにやったのかどうか。

   石戸奈々子(デジタルえほん社長)が「こんな足のつきやすいものを…」という。

   まあ、警察のことだから、モノの確認もとっているのだろうが、そのあたりの説明がないものだから、ひょっとしてパソコンの乗っ取り、なりすましじゃあるまいな、などと余計な心配もしたくなる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中