2018年 7月 21日 (土)

スギちゃん「サマージャンボ」5億円当たった!?ドイツ紙が宣伝写真見ての大誤報

印刷

   このところちょっと顔を見ないな(失礼)、なんて思ってたお笑いのスギちゃんが、札束を前に満面の笑みを見せている。ドイツの大衆紙「ビルト」 にカラー、全段抜きの扱いだ。

   「ぜ~んぶ、オレのもんだぁ」という書き出しの記事を見ると、「日本のコメディアンが5億円の宝くじに当たった」という内容だ。「彼は多くの人と同じく、人気のサマー宝くじに当たることを待っていた。彼は5億円を持って帰った」とある。

本人も驚いた!「現実になって欲しいぜぇ」

   司会の小倉智昭「ホントなの?」

当たったら言わない

   笠井信輔キャスターが「大誤報です」という。

   小倉「考えられない。じゃあこの写真は何なの」

   スギちゃんが5億円の札束を前に、「ガーッ」という感じなのだが、よく見ると「宝くじ」のハッピを着てる。

   笠井「今月10日(2013年7月)、サマージャンボ宝くじの宣伝イベントに参加したときのものなんです。これをドイツの新聞が当たったという記事にしてしまっ た」

   スギちゃんも驚いた。ブログで「ドイツでは当たったことになってるぅ^_^満面の笑み過ぎたが故に勘違いしちゃったんだぁ^_^本当に世の中なにが起るかわからないものねぇ でも現実になったらもっと全世界の新聞にのりそうだから当たって欲しいぜぇ^_^」(スギちゃんのワイルド日記)と書いた。ビルト紙の写真まで載ってる。

   菊川怜キャスター「当たってないんだ」

   笠井「当たってたら、もっとニュースになってる」

   小倉「当たってたら、いわんだろう」(大笑い)

   笠井「いいますよ。イベントに出てる人がホントに当たったら」

   小倉「ホントに当たったらね」

間違えたドイツ紙「記事は外部から提供。面白いので掲載した」

   この誤報について、ビルト紙は「記事は外部から提供されたもので、面白いと思って掲載した」といってるという(共同通信)。写真のクレジットにはAFPとあったが、記事まで間違えることはあるまい。おそらくは、写真のインパクトに編集者が負けた?(記事なんかどうにでもなる)

   笠井も「なぜスギちゃんが使われるかというと、これですよ。これだけインパクトのある顔ができるかということ」という。

   菊川「やっぱりワイルドでしたね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中