「コンクリ詰め殺人」中年女性3人の奇妙な関係…猫のフン食べさせられた被害者

印刷

   主犯格である岩本孝子容疑者(63)はテレビカメラの前で最後までシラを切り通した。奈良県十津川村山中の道路路肩にコンクリート詰めにされた堺市在住の北川睦子さん(69)の遺体が発見され、奈良県警は先月(2013年6月)、首謀者として岩本、池田和恵(57)のほか、男3人を死体遺棄と殺人の容疑で逮捕した。そこには「仲間を操る恐怖支配」があった。

パチンコ仲間で親しかった関係が一転

   近所の住民は「助けて」という北川さんの叫び声を何度か耳にし、「フライパンで殴られたり、ネコのフンを無理矢理食べさせられた」と北川さんが話すのを聞いていた。阿部祐二リポーターによると、「岩本と池田、北川さんの3人が知り合うきっけになったのは、たまたま同じ食堂で隣り合わせになったことのようです。それ以来、3人はパチンコ仲間として親しくしていましたが、おととし秋頃(2011年)から関係が一転しました」という。

わからない事件

   北川さんには2か月に1度、なくなったご主人の分も含めて約30万円の年金が振り込まれていたが、通帳やキャッシュカードはすべて岩本たちに取り上げられていた。

   「スッキリ!!」は逮捕される直前に岩本を取材していた。北川さんへの暴行については「1度だけ頭をどついたことはある。そんなに強くどついてはいない」と否定していた。北川さんの通帳やキャッシュカードを持っていることについても、「借金取りが来るから預かってくれと頼まれた。自分は1銭も手を付けていない」とシラを切った。

主犯女性による恐怖の支配に男3人も服従

   司会の加藤浩次「仲が良かった3人組の関係が変化したきっかけは何なんでしょうね」

   阿部「北川さんはお酒が入ると飲み仲間の頭をぶつ癖があったようです。岩本容疑者も一度叩かれケガをして治療費と慰謝料を払えと請求し、その支払いに北川さんが応じたため、その時から3人の力関係が変わったようです。池田容疑者も岩本容疑者から毎月1万5000円を請求されていたと言います」

   加藤「3人組の力関係が変わったというのは分かるけど、死体遺棄で逮捕された男3人と岩本容疑者の関係がわからない」

   阿部「3人は岩本容疑者から借金をしていたようです。その取り立てから免れるために、岩本容疑者の言いなりになるしかなかったと見られています」

   コメンテーターの菊地幸夫(弁護士)は「岩本容疑者ら本人たちは北川さんに暴行はしていないと供述しているが、街中で暴行を加えている姿を多くの人たちが目撃していますからね、その供述にどのぐらいの信憑性があるのかは大いに疑問です」という。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中