中川翔子「ヒモムシ検索すると私の顔がトップに。私はムシではありません」

印刷

   中川翔子(28)が「ヒモムシで検索するとふつうのわたしの顔がトップにでてきます」と7月11日(2013年)にツイッターで明かした。画像検索で引っかかったらしく、「助けて、もし海外のひととかヒモムシを検索してこれがでたらわたしをヒモムシだと信じてしまう」と心配している。

   中川はブログなどでマイナーな生物を話題にすることが多い。「ジュエルキャタピラー」「ウミグモ」「ギガントキプリス」「カギムシ」など生物の名前で次々と検索したが、いずれの検索結果にも中川の姿があった。

   また「ハスノハカシパン」で検索したところ、「人類一番目にでたのが山田五郎さんだった」という。中川と山田は「ハスノハカシパン」と同じ棘皮動物をテーマにした歌「スカシカシパンすこし変?」を一緒に作った仲だ。共演するラジオ番組が6月末に終了して「本当に残念」だと話している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中