広島・呉「元同級生殺害」自首の16歳「LINEに悪口書かれたから…」

印刷

   広島県呉市で「友達の殺して捨てた」と少女(16)が自首し、供述通り遺体が見つかった。「朝ズバッ!」は逮捕直前に書いたとみられるスマートフォンのメッセージを入手した。

   無職の少女は死体遺棄の疑いで逮捕され、殺害についても自供しているが、警察はメッセージから共犯者がいる可能性が高いと見て捜査している。

うわべだけの仲良し。夜中に激しい言い争い

   メッセージは「支えてくれとった皆にちゃんとゆっとかんといけんことがある。うち捕まるの嫌で逃げようとしたけども、捕まって凄い動揺しとる。けど、〇〇と〇〇ちゃんと話してほんまに決めた。今ちゃんと事情聴取もしよる。皆裏切ってごめんね」とあった。

かばっている

   殺されたとみられる少女とは高等専修学校の元同級生で、2人の間に何があったのか。被害者と見られる少女が4月(2013年)に書き込んだブログには、逮捕された少女の名前を挙げて次のような記述が載っていた。

「今日ゎー〇〇と遊んで ドンキ行ってー、プリ撮ってー車で語りんしながら送ってもらった 〇〇ありがとうねー 大好きよ。」

   3か月前までは仲のいい様子だったが、「朝ズバッ!」が取材した2人をよく知る女性は、「うわべだけです。カラオケに行ったときも、(被害者と見られる少女が)お金を払ってくれるからと(逮捕されたし少女が)言っていた」という。

   逮捕された少女が住む広島市内の自宅周辺の住民は、6月下旬に2人の女の子が言い争う声を聞いたという。「寝ているのを起こされるぐらい大きな声で、女の子同士が言い争う声を聞きました。携帯をみたら深夜12時40分だった」という。

   警察の調べによると、逮捕された少女は犯行動機について母親にスマフォの通信アプリ「LINE」(ライン)に「悪口を書かれた」からと話したという。どんな悪口が書かれていたか確認されていないが、悪口ぐらいで殺すとはあまりにも短絡的すぎる。

あいまい供述…誰をかばっているのか?

   遺体遺棄場所には、タクシーで行ったと言ったり、後で車に言い換えたり、第三者が関与していることは間違いなさそうだ。杉尾秀哉(TBS解説室長)は「誰かをかばっているのでしょう」と見る。潟永秀一郎(「サンデー毎日」編集長)も「ラインだと友人登録しているから、やり取りしている相手は割れる。それが共犯かどうか分からないが、可能性は高いですね」という。

   いじめも含めて、最近の少年少女の荒れようは目を覆うばかりである。その背景に何が潜んでいるのか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中