ODA最前線で日本人ビジネスマンまた犠牲!ケニアで強盗に襲われ射殺

印刷

   アフリカ東部のケニヤ第2の都市、モンバサで日本人ビジネスマンが15日昼(2013年7月)、強盗に襲われ射殺された。金融機関から現金を引き出した帰りに襲われており、犯人グループは手押し車で道をふさぐなど計画的だった。

   多数の日本人犠牲になったアルジェリアの人質事件から16日でちょうど半年。日本政府が進めるアフリカ開発の最前線でまた犠牲者が出た。

コンビナート建設の現場責任者。大金引き出した直後に5人組

   亡くなったのは東洋建設(本社・東京)の協力会社「イーストマリン」の社員、小川悟さん(51)だ。東洋建設によると、運転手とともに車で金融機関に行き、現地通貨70万ケニアシリング(約300万円)を引き出して帰る途中、工事現場のゲート100メートル手前で襲撃を受けた。

これからも…

   犯人グループに手押し車で道をふさがれ、立ち往生したところへ車の両側に犯人たちが近づき、窓ガラスを割って金品を要求した。その際、抵抗した小川さんを右肩の後ろから銃で1発撃ち即死状態だった。犯人グループは5人で、2台のオートバイで逃走したというただ、現金が入っていたカバンはそのまま車内に残されており、現地の警察はあわてた犯人グループがカバンを取り違いて逃走したとみている。

   東洋建設はモンサバ港で日本のODA(円借款)のよるコンビナート建設を担当しており、小川さんは昨年11月に派遣され、作業船舶の保守、点検などの現場責任者を務め、9月に事業が終了して帰国する予定だった。

現地警察「内部事情よく知った犯行」

   東洋建設はアルジェリアの事件の教訓もあり、安全対策として「襲われたら抵抗しない」「作業所は柵で覆いガードマンと警察による24時間体制で監視」「柵の外への外出(通勤)では集団で行動しルートもそのつど変える」などの対策を講じていたという。警察は「内部事情をよく知ったうえでの犯行」とみている。

   元総務相の片山善博は自らの経験からこんな忠告をする。「私も以前パリの地下鉄で襲われたことがありました。こんな大金ではなかったが、銀行で預金を下ろしたとき強奪されました。恐ろしかったですよ。お金を下ろすのを見ているわけで、危険ですね」

   日本政府はアフリカ開発に力を入れている。司会のみのもんたも「これからも起こりうる事件ですね」と気をもむ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中