直木賞・桜木紫乃「金爆・鬼龍院翔のファン」田宮模型のTシャツで受賞電話待ち

印刷

   「もう149回になりました」と司会の小倉智昭がいう。芥川賞と直木賞の受賞作がきのう17日(2013年7月)に決まった。芥川賞が藤野可織さん(33) の「爪と目」、直木賞が桜木紫乃さん(48)の「ホテルローヤル」だ。キーワードは「ボラー」と「ラブホテル」だった。

実家はラブホテル。ストリップショー大好きのトンデモ母さん

   藤野さんはホラー映画を見ながら発表を待ったという。「キューバのゾンビ映画で、最後のええとこになってきたところで、お電話いただきまして、周りのみなさんがわっと喜んでくださって、すごく幸せでした」という。作品は父の愛人と同居する娘の物語である。「サイコホラー」という評を得ていたそうだ。

早く読みたい

   桜木さんは「実家がラブホテルなんです」という。このひとことで勝負あった。「いつかここを舞台にちゃんと書きたいと思っていたので、ホテル屋の娘に生まれてよかったです」と笑った。受賞作はまさにラブホテルを舞台の短編集だ。ホテルの名前まで本物(いまは廃業)と同じだというので、話題性ではこちらに軍配が上がった。

「オールナイト・ニッポンに呼んでもらいたい」

   リポートした梅津弥英子は「ストリップショーが大好きとか、大学生と高校生がいるお母さんとか、いろいろ話題はあるんですが、記者会見で一番注目されたのがこのTシャツ。なんだかわかりますか」と写真を指した。白いジャケットの下に大きな星のマークが見える。ん? どこかで見たことがあるぞ。

   小倉「ボクはそこで仕事をしていたからわかります。田宮模型のTシャツですよ」

   その通り。でも、桜木さんは模型に興味があるわけではなかった。実は、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔さんのファンで、彼が同じTシャツを着ているのだ。受賞の知らせを待っていた居酒屋では、全員がこのT シャツを着ていたという。とんでもないお母さんだ。

   小倉「ゴールデンボンバー、オールナイト・ニッポンやってますよね。直木賞とったら、それに出られるかもしれないなんて話もあると」

   梅津「実現するかも、といってました」

   小倉「まだ作品を読んでませんが、読んでみたくなりました」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中