NHK「面白ゼミナール」25年ぶりに帰ってくる!メーン司会も「シーラカンスの鈴木健二アナ」

印刷

   歴史クイズ、雑学クイズ、健康クイズなどの草分けといえるNHKの「クイズ面白ゼミナール」が当時の司会・鈴木健二で帰ってくる。テレビ放送開始60年を記念する特別番組で、「面白ゼミナールR(リターンズ)」として20日土曜(2013年7月)、8月17日土曜のよる8時からNHK・BSプレミアムで放送する。テーマはスパートフォンなどだという。

   司会の鈴木は当時は主任教授と呼ばれ、今回もメーン司会を務める。「私はテレビ放送の前からNHKでやっているシーラカンスです。NHKは今頃なぜ私を呼ぶんですかね」といいながら、大張り切りだという。「面白ゼミナール」は1981年から88年まで7年間続き、驚異的な高視聴率を記録し、44・2%なんていう数字をたたき出した。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中