満島ひかりシングルマザー!若い女たちに警鐘「世の中甘くないよ」不幸と試練てんこ盛り
<Woman 第1回、第2回>(日本テレビ系)

印刷

   「Mother」で芦田愛菜をスターにしたように、この作品も子役がらみで脚本家も一緒(坂元裕二)。夫(小栗旬)を亡くした子供2人のシングルマザー・青柳小春(満島ひかり)が、昼夜を問わず働いて働いて孤軍奮闘生きてゆくリアリズムドラマである。第2回は小春が友人に望海と陸を預けたが、2人が逃げ出してくる話だ。
   髪を良かれと思って切ってやったのに、望海はショックで陸と2人で母の元へ逃げ帰ろうとしたが、電車のドアが2人を割く。幼い頭で考え、10円玉をもち公衆電話で母にかけても、病院に行っている小春には通じない。こうしたささやかな行き違いのシーンがきめ細かく描きこまれていて、子役(鈴木梨央)も達者である。
   昔、小春を捨てた母の紗千に田中裕子が扮し、「Mother」の時と同じく陰のある母親を陰影深く描く。小春と父違いの妹・栞の存在も謎めいていて、坂元が書く1連の連ドラにサスペンスを醸し出しているが、1話から続く不幸物語は「不幸と試練のてんこ盛り」とでも言いたいくらい連続するので、いささか辟易はする。
   満島ひかりは顎から下が逆▽形の、いわゆる寂しい系の美人で、稲森いずみと同様に薄幸の女の役にぴったりだ。現実社会では、あたかもファッションのようにバツイチやシングルママがもてはやされているが、世の中そんなに甘くはない。安易に離婚や出産をする若い女たちへの警鐘として意義ある内容のドラマだとは言える。(放送2013年7月10日22時~)

(黄蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中