乙武洋匡「大人げない対応だったと深く反省しています」 入店拒否騒動、いまだ追及続く

印刷

   作家の乙武洋匡(37)は東京・銀座のイタリア料理店で車いすを理由に入店拒否されたとツイッターで批判した問題で、「本当に大人げない対応だったと深く反省しています」と7月21日(2013年)のツイッターで再び謝罪した。騒動から2か月がたった今でも、乙武のツイッターには騒動を非難する声が続いている。

   「僕自身はまだまだ未熟な人間だと思いますし、いかなる理由があれ、ああした言動は大人げなかったと深く反省しています」と書くなど謝罪を繰り返した。

   一方で、いまだに追及されていることを気づかわれると、「正直しんどいですが、やはり適切な言動ではなかったことは事実」と苦しさをもらす。

   また店に謝罪していないとするツイートには、「何を根拠におっしゃってるのですか。すでに店を訪れ、店主ならびにスタッフの方にはお詫び申し上げていますが」といら立ちを見せた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中