圧勝で暴走懸念に自民反論!「発想が古い。失敗に学んでいるからテングにならない」

印刷

   参院選で大勝ちして自民党による安定政権を取り戻し、それどころか、いまだかつてない規模の自民党(与党)独裁体制になるに及んで、普段は「社会派」といったものからはほど遠いスタンスにある羽鳥慎一キャスターまでが、「野党がしっかりチェックしないと、(自民党が)暴走する可能性がなきにしもあらず」などと控えめに懸念を口にした。

   すると、ゲストで来ていたいかにも古い政治家然として見える大臣がこれを聞きとがめ、嘲笑気味に言う。「なにもしない前から暴走暴走って、発想自体が古いですよ!」

   なんでも、今日のあたらしい自民党は過去の失敗から学んでいるので、参院選に勝ったからといってテングになって暴走することなどありえないといったことのようである。

本当に自民党は新しくなったのか

   「暴走」の懸念につき、新旧を云々することが問題の本質なのかどうか、それ自体テング的な気がすることはおいといて、この政治家が言うことはたしかに当たっているようだ。「モーニングバード!」(のコメンテイターの変遷や態度、発言)を見ても、「権力を疑え」的な権力性悪説や、在野、反骨、懐疑的態度、皮肉などはまったくトレンデーではない。

しっかりチェック

   ナニも言わなくても国民に尽くしてくれて、経済をよくしてくれて給料を増やしてくれる安倍内閣と自民党を信じ、委ね、支え、(物価上昇に)耐えて待つ。改憲? 外国? 原発? そんなのは別にどうでもいいというのが正しいナウなニッポン人像である。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中