英国ロイヤルベビー名前は使い回し?1週間以内に王子夫妻が決め女王が承認

印刷

   英王室はキャサリン妃に22日午後4時2分(日本時間2013年7月23日未明)に男児が生まれたと発表した。3798.84グラムの元気な子だ。誕生はまずバッキンガム宮殿にいるエリザベス女王に伝えられ、恒例通り宮殿入口前に額縁の入れられた「お触れ」が出されると、誕生を待ち望んで集まった人たちの間で大きな歓声が上がった。

将来の国王だけに特別のしきたり

   司会のみのもんたが元毎日新聞欧州総局長の黒岩徹に、「名前はいつ頃決めるのでしょうか」と聞く。「1週間以内に決まると思いますね。ウィリアム王子とキャサリン妃が案を決めるが、最終的にはエリザベス女王の承認が必要なんです」と説明する。

日本では画数とか…

   女王陛下のイギリス、しかも王位継承権は祖父となったチャールズ皇太子(1位)、ウィリアム王子(2位)に次ぐ3番目だ。将来は王位に就く可能性が高いだけに、しきたりがあるのだろう。

   みの「日本ですと、名前を決めるのに一画、二画ですが…」

   黒岩「ジェームズとかチャールズとか、今まで使われた名前を使うでしょう。チャールズ皇太子も昔のチャールズ1世、チャールズ2世という名を使っていますからね」

   母子はあす退院する予定という。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中