しずちゃんのボクシングコーチ・梅津正彦さん死去!ロンドン五輪目指して二人三脚

印刷

   司会の小倉智昭が「覚えてらっしゃいますか。しずちゃんがロンドン・オリンピックを目指したとき、トレーナー・コーチとして二人三脚で頑張っていた梅津正彦さん」と切り出す。南海キャンディーズの山崎静代を支え続けた人だ。後ろのボードには、ボクシングで汗だくになったしずちゃんと並んで笑っている写真があった。小倉は「梅津さんは当時からガンであることはわかっていたのですが、44歳で亡くなりました」と伝える。きょう23日(2013年7月)の未明だった。

7月7日に最後の力振り絞って講演「挑戦~オリンピックと病」

   昨年(2012年)の2月に悪性の皮膚がんであることがわかって、余命1年といわれていた。それでも、しずちゃんの挑戦に付き添い、最後までロンドンを追い続けた。すでに腫瘍摘出の手術を受けていたが、メラノーマ(悪性黒色腫)というメラニン細胞がガン化する悪性腫瘍で、肺への転移が確認されていたという。

後がないという気持ち

   今年4月にしずちゃんと公式戦「女子アマ・チャレンジマッチ」に臨み、デビュー戦で負けた相手に雪辱勝利を得ていたのだが、そのときの診断は余命3か月だった。本人も「医者のいう通りなら、これが最後になる」と語っていた。

   しかし、今月7日に鶴見公会堂の講演会に出ていて、しずちゃんも駆けつけていた。ろれつがまわらないほどだったが、闘病生活について、熱く語ったという。この時、ツイッターで「その日(7月7日)まで生きていたら…と受けた講演(笑)、いよいよ明日13:30~横浜市の鶴見公会堂で行うことになりました。演題は「挑戦~オリンピックと病」。興味のある方はぜひご拝聴ください!」と呼びかけていた。

ツイッター「きのう、おとといと金メダリストの村田君が来てくれましたよ」

   その後も、12日には友人に宛てて「落ち着きましたらご連絡します。ここで色々と話してもかまいませんので。きのうおとといと金メダリストの村田君が来てくれましたよ」と書いていた。

   2011年にはしずちゃんについてこういっていた。「普通の人よりは、顔へのリスクは気を使います。女優さんなので、合格点が高くなるんですよね」

   小倉がこう話す。「梅津さんと話した時、『なかなかオレの気持ちが伝わらない部分がある。しずちゃんが一生懸命やってるのはわかるんだけどさぁ』といっていました。梅津さんには、『オレにはあとがないんだ』という気持ちがあったんだと思いますね」

   2人のロンドンへの夢は、日本中が応援してたんだよね。梅津さんが帰らぬ人となったいま、しずちゃんがどうするか。やっぱり気になる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中