いまや日本が誇る先端商品「便器」!アキバでも外国人観光客に大人気

印刷

   日本が世界に誇る技術をご紹介と言って、「モーニングバード!」が映しだしたのは東京・秋葉原だった。メイン大通りにはメイドインジャパンの最新家電ではなく、「便座」を持って歩く中国人観光客の姿があった。

   アキバの電器店では日本製のトイレが外国人に売れているそうである。便座や便器、とくに「温水洗浄トイレ」は多くの外国人にとってオドロキで、好評らしい。世界に誇るおトイレなんである。

1秒間に100連発の水玉でおしり洗浄

   TOTOやパナソニック、リクシルといったトイレメーカーはしのぎをけずり、最先端のトイレ技術を徹底的に追求しているそうな。TOTOは玉状になった水を1秒間になんと約100発も連射してお尻を洗う「ワンダーウェーブ」(番組VTRのBGMは『ブギー・ワンダーランド』で、どうやら『ワンダー』しかかかってないようである)を開発した。水を節約しながらしっかり洗浄できるんだそうである。

   スマホやダブレットなど情報機器分野では見る影もないが、お尻洗浄トイレはまだまだ世界に冠たる成長が期待できそうだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中