篠田麻里子がAKBラストツイッター「皆がいてくれたからここまで来れました」

印刷

   AKB48を7月22日(2013年)に卒業した篠田麻里子(27)が「ラスト劇場公演終わりました」とツイッターで報告した。大勢のファンが来場して「外からマリココールが!!凄い人が待っててくださいました!」といい、「あったかいなぁー皆がいてくれたからここまでこれました。本当に幸せでした」と感謝している。

   長年活動をともにした大島優子(24)はブログで「最後の最後まで、AKBの為、後輩の為に発言していた麻里ちゃんは、素晴らしいキャプテン、そして、お姉さんでした」と語り、「楽しかったなぁ。ふざける波長が一緒で、くだらないことで笑ってる年長組でした」と振り返る。

   篠田に代わりAKB「最年長」メンバーとなった小嶋陽菜(25)も、ツイッターで「劇場で、最後までまりちゃんらしぃ笑顔があふれる公演でした!」と感想を述べ、「ほんとうに、卒業おめでとう」「大好き!」と祝福している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中