大谷直子「がんからの生還」もう怖いものなし…女優からバラエティキャラに変身!海老蔵に「側女にして」
<アウト×デラックス>(フジテレビ系)

印刷

   ナイナイ矢部とマツコ・デラックスがMCをつとめる「アウトな話」満載のトーク番組だ。何度かの特番を経てこの4月(2013年)からレギュラー放送となった。マンネリ化が激しい「アメトーーク」(テレビ朝日系)に飽きた視聴者がこちらに流入しているようで、ついにはこの6月、「アウト×デラックス」が「アメトーーク」の視聴率を超えた。
   毎回似たような顔ぶれで、もはや芸人たちの互助会番組になり下がってきた「アメトーーク」と違い、こちらはタレントのみならず、視聴者も登場するので、どんな人が出て来るかわからないびっくり箱的な楽しみもある。活躍中の武井壮や栗原類も、思えばここから出てきた。
   この日のゲストは女優の大谷直子。5月に出演したとき、市川海老蔵が好き過ぎて困ると海老蔵愛を語りまくっていたが、番組に海老蔵を招き、彼女を驚かせようという趣向だった。ところが、はじめは海老蔵の登場に驚き照れていた大谷だったが、すぐに地を出し、自分を側室にしろ側女でもいいからと猛アピールし始めて、これには海老蔵も戸惑っているようだった。
   2007年に悪性リンパ腫で余命半年と宣告されたが、抗がん剤治療などで完治し、現在は女優業に復帰したそうだ。一度は覚悟したからなのか、もう怖いものなしで、不倫経験などなんでもあけすけに語るようになった。女優よりも毒舌バラエティタレントとしてのほうが活躍しそうな予感がしてきた。(放送2013年7月18日23時~)

(白蘭)

採点:1.5
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中