参院落選の東京プリン・伊藤洋介、桐島ローランド「共闘宣言」まずはネット反省会

印刷

   音楽ユニット「東京プリン」の伊藤洋介(49)が「落選が決まってから36時間ほどが経過しようとしています」と7月23日(2013年)にブログで話した。伊藤は21日の参院選比例代表に自民党から出馬し、3万7423票を獲得したが落選した。

   「結果僕に何が足りなかったのかが、おぼろげながら見えてきた気がします」といい、「要は人間力。僕にはまだまだ、人の気持ちを動かすだけの知識と経験、情熱が備わっていない」と分析した。相方の牧野隆志(49)は肩を落としながらも、獲得票を「今回の状況から考えると胸を張って誇れる数だと思う」といい、「夢は終わったわけじゃないもんね」と励ました。

   東京選挙区(みんなの党)で出馬し、同じく落選した桐島ローランド(45)は「党は別だとしても目指していた事は共通する事が多かったので、今度ネット反省会を実施したいですね」とツイッターで呼びかけ、伊藤は「是非やりましょう!」と返している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中