2018年 7月 23日 (月)

コンビニ冷凍ケースに今度は客!目隠しでツイッター投稿…とっ捕まえて賠償させろ

印刷

   「おでかけ前の朝刊チェック」コーナーで、小林悠アナがコンビニのアイスクリーム用冷凍ケースに、今度は客が入ったというスポニチ(2013年7月26日付)の記事を紹介した。高知のコンビニでオーナーの息子が冷凍ケースに入り、ネットに写真を投稿した「模倣でしょうか」というわけだが、ばか者はホントどこにでもいる。

ケースと商品入れ替え店は大損害

   京都府向日市のコンビニ「ミニストップ向日寺戸町店」で、男の客が売り場のアイスクリーム用冷凍ケースの中に入り、その模様を撮影した写真をツイッターで投稿していたことが分かったという。数人の客が23日夜来店し、店員がレジで接客しているスキに一人が冷凍ケース内に入ったらしい。写真はその日のうちに投稿された。

なに考えてんだ!

   店はこの冷凍ケースと入っていた商品を撤去し、別の冷凍ケースと新しい商品に入れ替え警察に被害届けを出した。

白ズボン、白Tシャツでニヤける大ばか者

   小林が「ツイッターに投稿されたその時の写真はこれです」と示した写真には、冷凍ケースの中に白いズボン、白いTシャツを着て横たわり笑っている若い男の姿があった。目の部分は黒い紙のようなもので隠されている。

   司会のみのもんた「何を考えているのかね」

   尾崎弘之(東京工科大教授)「民事賠償で訴えられた場合にいくらかかるか、そういうことも報道したほうがいいですよ。遊びですむと勘違いしているからこんなことをやるんですよ」

   この手の模倣は放置しておくとどんどんエスカレートする。冗談ではすまないことをきっちり教えてやるべきだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中