スペイン「高速鉄道事故」直前に運転士から変な交信「死者出ないことを願ってる」

印刷

   24日夜(2013年7月)、スペインの北西部で起きた高速鉄道「アルビア」の事故は、80人が死亡、140人がけがという大惨事となった。事故の瞬間を捉えた監視カメラの映像があった。列車は猛スピードでカーブに突っ込んでいた。飛ばしすぎは明らかだ。

制限速度80キロのカーブに190キロで突っ込む!

   現場は大西洋に近い、キリスト教の巡礼地で知られるサンティアゴ・デ・コンポステラ近郊。駅に近づいて大きく左カーブになるところで、制限速度は80キロだが、そこへ190キロで入ったとされる。

新幹線は素晴らしい

   映像を見ると、カーブにさしかかったところで、2両目の車両がで外側へ振られて脱線し立体交差の側壁に叩き付けられていた。先頭車両もひき倒され、そのままカメラの下へ激突。後続車両は砂煙に包まれた。事故後の映像を見ると、1台の車両は側壁をはね上がって、5メートル上の民家の庭先に止まっていた。JR福知山線の事故を彷彿とさせるものだった。側壁がなければ列車は直線方向へ飛び出していたはずだ。

   アルビアは昨年導入された最新鋭の高速列車で、最高速度は250キロ、非電化区間も走れるようにジーゼル発電機を積んだ電源車が連結されていたが、これが2両目の車両だった。専門家は重心が高いため、真っ先に脱線したのではないかという。

   地元紙が伝えた運転士と駅との交信では、運転士が「いま190キロで走っている。死者が出ないことを願っている。もし出たら、自分を一生許せないだろう」などと交信していたという。これは何を意味するのか。

   司会の小倉智昭「日本の新幹線は本当に事故がない。すばらしいなと思う」

JR西日本・福知山線事故とそっくり…遅れ取り戻すため速度超過

   現地の報道では、列車が5分ほど遅れていて、遅れを取り戻すためにスピードを出したのではないかという。ますます福知山線事故と同じだ。違うのはスペインの運賃払い戻し条件は、20分の遅れで25%、40分で50%、60分だと100%なのだという。日本は2時間遅れで全額払い戻しだから、スペインは厳しい。

   通常の運航状況の映像もあったが、現場手前には自動列車制御装置(ATS)もあった。ATSは働かなかったのか。52歳の運転士は昨年、フェイスブックにスピードメーターが規定を上回っている写真を載せて、友人から「飛ばし過ぎだ」と注意されたりもしていたという。

   小倉「お客さんを乗せてそんなことやる運転士がいるんですかね。深沢さんは乗ったことがある?」

   深澤真紀(コラムニスト)「はい、この区間じゃないですけど何度も乗ってますけど、時間も正確で快適です。昔はバスが主だったのが、このところ一気に高速鉄道になっている」

   小倉「スペインにとっては、五輪招致をかかえていいニュースではなかったですね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中