<風立ちぬ>
「美しい飛行機を作りたい」人殺し道具・零戦でしか結実しなかった夢…宮崎アニメ押しつけがましくないメッセージ

印刷
(C)2013 二馬力・GNDHDDTK
(C)2013 二馬力・GNDHDDTK

   たぎる情熱にほとばしるロマン!古き良きマッチョな日本男児が好きか嫌いかによって評価が割れそうなアニメ映画ですが、一つだけ確実に言えることは大人向けの作品です。ここ3週、金曜ロードショーでジブリ作品が続き、すっかりジブリ脳になって劇場にやってきた子供たちのポカン顔は気の毒でした。

   5年ぶりの宮崎駿作品は、実在した2人の人物を融合させたハイブリッド主人公という触れ込みで、それだけでも期待感は高まるばかり。小説家・堀辰雄と飛行機技師・堀越二郎がどう重なるのか。そして、小説「風立ちぬ」未読のエセ文学少女としては、ストーリーを理解できなかったらという懸念もぬぐえない。

うらやましくて腹立たしいあの時代とあんな生き方

   幼年期から「美しい飛行機」を追求してきた少年・二郎。イタリアの天才技師に憧れる二郎にとって、飛行機は夢だ。その美しい飛行機を実現するべく、二郎は東大を出て三菱重工に入社し、戦闘機の設計に携わるようになる。ピカいちのセンスで周囲を巻き込む二郎だが、いつだってお客さまは「海軍」である。人殺しの道具を作りたいわけではないけれど、美しい飛行機の実現という目標のためには、付けねばならない折り合いもある。そして、非力なこの国を産業(というか機械)の力で守ってみせる、豊かにしてみせるという覚悟も二郎は持っている。だから零戦の開発に力を注ぐ。

   そうか、宮崎駿は「自分たちがこの国を背負う」という強烈な自負が当たり前にあった世代なのだよなぁと感じ入っていたら、目から水が…。ワークライフバランスどころか、ワークワークワークな若手技術者たちの熱気が伝わる。私生活も健康も投げ打っても、成し遂げたいことがあるという潔さが、うらやましくもあり、腹立たしくもあり。

気になった主人公・二郎の「オッサン声」、瀧本美織の顔が浮かんでしまうヒロイン

   ラブロマンスの比重についても、論は別れそうですが、個人的にはちょうど良かった。仕事一辺倒の人もぱっと大恋愛することはあるでしょう。優しげに描かれていますが、主人公・二郎が基本はモーレツサラリーマンであるほど、恋愛パートの穏やかさとかヒロインの哀愁、押し殺した思いが際立つ。はっきり言って、脚本はかなり好き。

   無垢な夢を人殺しの道具に変える戦争って、なんてひどいんでしょう!的なメッセージをもっとわかりやすく伝えるべき、という感想も周囲の席からは聞こえてきました。でもそこは言い切らないのが良いと思うんだけどな。零戦パイロットの多くが帰らなかったことへの割り切れない思いも事実だけれど、二郎の夢の具現化=零戦であることも真実なんだし。

   唯一残念だったのは主人公・二郎の声だ。見た目は大学生なのに、声だけオッサン。くぐもっているせいか、必要以上に芋っぽいキャラクターになってしまっている印象です。ヒロインも一言ごとに瀧本美織ちゃんの顔がちらつきます。彼女は声が特徴的なのでどうしようもないし、ヒロインのイメージには合っていたので不問にするとして、庵野監督を「声の役者」にする必要はあったんでしょうか。画もホンも良かったから、き、気になるぅっー!

(ばんぶぅ)

おすすめ度 ☆☆☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中