松井秀喜「ヤンキース引退セレモニー」1日だけ選手契約の粋な計らい

印刷

   ゴジラ松井秀喜(39)の引退セレモニーがニューヨーク・ヤンキースの試合前に行われた。引退セレモニーは日本人選手では初めてだ。球団の破格の扱いである。スーツ姿でカートに乗った松井が姿を見せると、スタンディング・オベーション。松井も手を振って応えた。

   スタンドには「ありがとう松井」と記された日の丸やボードがある。これは日本人だろうが、背番号の「55」を掲げる地元ファンの姿も多かった。「ゴジラ」も「マツイ」の名もみんな覚えている。松井は「球場に入った瞬間から泣きそうでしたよ」という。まあそうだろう。

ジーターから手渡された背番号55のユニフォーム

   去年(2012年)、10年に及んだメジャー生活に終止符を打った松井だが、うち7年を過ごしたのがヤンキースだ。セレモニーはヤンキースが松井と1日限りの契約をするという粋なはからいで実現した。

ライオンズに来て

   09年のワールド・シリーズで大活躍してMVPまでとったのに、その直後に契約打ち切りになった。以来、松井が花開くことはなかった。しかし、翌年に対戦で訪れた松井にチャンピオン・リングを渡してみたりと、彼の扱いはどことなく違った。

   この日も、僚友ジーターが額に入れた背番号55のユニフォームを手渡した。09年に着ていたものだった。松井はそれを着て試合の始球式をした。ボールは低めのストライク。このために少し練習をしていたらしい。というのも、5月5日、長嶋茂雄・巨人終身名誉監督と国民栄誉賞を受賞したとき、始球式で暴投に近い球を投げてしまった。そこで、ヤンキースのマイナーチームで打撃投手を務めるなどしていたのだった。

巨人コーチ・監督の第2の野球人生

   セレモニーを終わって松井は、「ボクがいちばん憧れた場所で選手として終れることは、これ以上幸せなことはないと思ってます」「ちょっと言葉にならないくらいの感動と、あらためて幸せな野球人生だったと思います」

   司会の小倉智昭「ワールドシリーズでホームラン決めてMVPになった翌年に放出された。それだったら放出しなきゃいいじゃない」

   田中大貴アナ「ここまでするんだったら、どうしてって思いますよね。巨人の監督、コーチの話がありますけど、ボクは1度ヤンキースのコーチをしてから帰ってきてほしい」

   小倉「ヤンキースってのはやっぱり違うんだね」

   田中「きのうヤンキース時代の松井選手の特集番組があったようなので、それを見たいですね」

   小倉「これからどうするんだろうね。巨人ということもいわれているが、別にライオンズだっていい」(爆笑)

   小倉はライオンズファンなのだ。それにしても、松井と契約を交わした金髪の女性はだれだったのか。満面の笑みで松井と握手をし、ハグまでしていたというのに全く説明がない。 こういう手抜きはいただけない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中