AKB鈴木まりや「女の子に嫌がらせしてた不審者。見て見ぬふりいや。勇気出して注意した」

印刷

   AKB48・SNH48の鈴木まりや(22)は不審者から女性を守ったと7月28日(2013年)のグーグルプラスで明らかにした。全国高校野球選手権の埼玉県大会の決勝戦を見に行ったところ、「女の子に嫌がらせをしている不審な方」がいたという。具体的な行為については明らかにしていないが、周囲の大勢の人は見て見ぬふりをしていたため、「いたたまれなくなってその人のところに行って 嫌がらせをしてる人に、女の子にあやまってもらって、その子の近くから離れてもらいました」という。

   「平気なフリしたけどちょっと手が震えちゃってた!」と振り返る。グーグルプラスに書いたことについては、「もしそんな状況を目の当たりにした時にこの記事を思い出して行動にうつす人がでてきてくれたらと思って書きました」と説明。「嫌だって言えない普通の女の子は助けてほしいと心で思ってると思います」と訴えた。

   また「アイドルだからもっと気をつけろってゆう批判や心配の意見もあると思うけどもそれよりも大事だと思ったから、もし自覚がないことの行動で思われてしまったならとっても悲しいけど、仕方がないです」と語っている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中