サッカー東アジア杯「日本VS韓国」政治アピールの横断幕!サポーター露骨な挑発

印刷

   韓国・ソウルで28日夜(2013年7月)に行なわれたFIFA東アジア杯は、日本が2-1で韓国に競り勝ち初優勝したが、話題は試合よりも韓国サポーターの執拗な挑発だった。

   日本人サポーターのいる応援席に向けて、「歴史を忘却した民族に未来はない」幅40メートルの横断幕が掲げられ、初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根の肖像の巨大な幕なども掲げられた。

ロンドン五輪に続いて2度目!調子づかせた甘い処分

   ロンドン五輪の日韓戦でも選手の一人が「独島(竹島)はわが領土」と書かれたボードを掲げて処分を受けた。今回も試合会場での政治的主張を禁じている国際サッカー連盟の規定に違反している可能性がある。

FIFAから除名

   司会のみのもんたは「また続くようなことがあれば、FIFAから除名されますよ」と怒り、柿崎明二(共同通信編集委員)も「日本民族は歴史を忘却していませんから。そもそもスポーツ選手を忘却したサポーターに未来はないですよ」と珍しく怒っている。

   池田健三郎(経済評論家)「前回の処分が甘すぎたと思う。ロンドン五輪であれだけ冒涜して、おいてわずかな罰金と2回の出場停止程度。こういうことがまた起きるという教訓ですよ」

   みのは「おかしいと思っている韓国の人もいる。韓国の人たちで話し合ったらいい」 こういう時は、こっちが大人になってみせること。見ているのは韓国と日本だけじゃない。他のアジアの国も見ているし、FIFAも注視している。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中