空軍仕様オスプレイ横田基地配備!海兵隊仕様と比べて飛びぬけて多い事故

印刷

   事故が多いといわれた米空軍仕様の新型輸送機「オスプレイ」(CV22)を東京・横田基地に配備する協議が行われているという。米太平洋空軍のカーライル司令官が29日(2013年7月)、会見で明らかにした。

   それによると、オスプレイのアジア太平洋地域の配備先として、沖縄の嘉手納基地と並び横田基地を候補にあげ、日本政府と協議しているという。この空軍仕様のオスプレイは、すでに沖縄・普天間基地の配備されている米海兵隊仕様のオスプレイ(MV22)とは種類が異なり、事故率が高いといわれてきた。

小野寺防衛相「事故率は決して高くない

   司会のみのもん「どうなんですか?」

多数が死亡

   TBS解説委員室長の杉尾秀哉「小野寺防衛相の発言を借りれば、(事故率は)決して高いものではないというのが日本側の認識です。ただ、開発初期の段階でものすごく事故が起き、多数の人が亡くなっているのは事実。たしかに最近は事故は減ってはきているが、従来型とどこが違うのかよく分からないんですよね」

   みの「横田基地周辺の(住宅地の)地図を皆さんにお見せしたい。普天間基地はもっとひどいですがね」

   まだ決まったわけではないというが、住民の反発が起こるのは必至で、波乱がありそうだ。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中