2018年 7月 23日 (月)

ブラッド・ピットに完全無視された無名芸人くまだまさし「かつらパカパカ」ギャグ

印刷

   「くまだまさし」と言っても、よほどのお笑い通でない限り知らないだろう。そんな無名芸人にハリウッド進出の可能性が出てきたという。発端は「スッキリ!!」のコーナー企画「くまだを世界にプロジェクト」だ。映画「ワールド・ウォーZ」の宣伝で来日中のブラッド・ピットを直撃すれば、ハリウッドへの道が開くかもしれないとくまだは出かけ、ヒモを引くとカツラがパカッと開くギャグ、はいているズボンをいきなりズリ下げパンツを丸見えにするギャグを披露。ブラピは汚ないものでも見るように完全無視された。

「ワールド・ウォーZ」フォースター監督は「「それ僕にくれない」

   フォースター監督の反応は違った。監督自らが握手を求めるように手を差し伸べ、カツラパカパカ芸にも興味津々。「それ、欲しいけど僕にくれない」と言われてくまだが渡すと、なんとパカパカ芸をやってみせたのだ。この分でいくとハリウッド進出も夢じゃないという自惚れたが、監督も「映画の宣伝になるなら」とソロバンをはじいただけのこと。まあ、日本でも受けてる芸じゃないものなあ。ハリウッド行く前に日本で消えてるかも。(トシベエ)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中