ブラッド・ピットに完全無視された無名芸人くまだまさし「かつらパカパカ」ギャグ

印刷

   「くまだまさし」と言っても、よほどのお笑い通でない限り知らないだろう。そんな無名芸人にハリウッド進出の可能性が出てきたという。発端は「スッキリ!!」のコーナー企画「くまだを世界にプロジェクト」だ。映画「ワールド・ウォーZ」の宣伝で来日中のブラッド・ピットを直撃すれば、ハリウッドへの道が開くかもしれないとくまだは出かけ、ヒモを引くとカツラがパカッと開くギャグ、はいているズボンをいきなりズリ下げパンツを丸見えにするギャグを披露。ブラピは汚ないものでも見るように完全無視された。

「ワールド・ウォーZ」フォースター監督は「「それ僕にくれない」

   フォースター監督の反応は違った。監督自らが握手を求めるように手を差し伸べ、カツラパカパカ芸にも興味津々。「それ、欲しいけど僕にくれない」と言われてくまだが渡すと、なんとパカパカ芸をやってみせたのだ。この分でいくとハリウッド進出も夢じゃないという自惚れたが、監督も「映画の宣伝になるなら」とソロバンをはじいただけのこと。まあ、日本でも受けてる芸じゃないものなあ。ハリウッド行く前に日本で消えてるかも。(トシベエ)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中