フジ「アゲるテレビ」とうとう打ち切り!大塚範一アナ降板の穴埋められず低迷

印刷

   低迷が続いているフジテレビ系昼のワイドショー「アゲるテレビ」(月~金午後1時58分)がとうとう9月末(2013年)で打ち切られることになった。この4月にスタートしたばかりで、情報番組が半年で消えるのは前代未聞だ。

   前番組の「知りたがり」が視聴率1%で低迷し、そのテコ入れとしてリニューアルされたのだが、番組の目玉としてメイン司会に決まっていた大塚範一アナ(64)が急性リンパ性白血病の再発でスタート直前に降板、立て直しを図るため6月から軽部真一アナ(50)を投入したが浮上できなかった。

   10月からはとりあえずドラマの再放送となる予定だ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中