フジテレビ相変わらずだねえ…新手の詐欺話、おっかない病気次々並べてマユツバ解説
<有吉・真夏のアブナイ話>(フジテレビ系)

印刷

   日曜昼の単発番組で、「日本には多くの危険が潜んでいて、そんな危険を防止する方法を伝授する」という。出演は有吉弘行、杉崎美香、大久保佳代子、元木大介、ハライチ澤部ら。
   最初の危険は「日本を脅かすお金がアブナイ話 芸能人なりすまし詐欺」。芸能人なりすましメールで37万人から総額116億円以上をだまし取ったグループが摘発されたが、その実態に迫ろうというのだ。実際に被害にあった「はんにゃ」の金田哲がVTR出演し、送られてきたメールのやりとりなどを見せ、ダマされた経緯を語り、その後、スタジオで漫画「クロサギ」の原作者の夏原武が「アベノミクス詐欺」「プラチナ詐欺」「詐欺でダマされた人の金を取り返してあげます詐欺」など、最新詐欺の手口を紹介した。
   以下、「日本を脅かす命がアブナイ話 厚生労働省が警鐘を鳴らす殺人ダニ」「日本を脅かす命がアブナイ話 去年76人が死亡 今年7月21日現在28人が死亡 熱中症」「日本を脅かすアブナイ病気の話 厚生労働省が警鐘を鳴らすピロリ菌」などなど。
   「間違いだらけの熱中症対策」などそれなりにタメになる情報もあったが、専門家から話を聞くスタイルは、「ホンマでっか!?TV」そのまっまではないか。さらに後半、ピロリ菌除去には「LG21乳酸菌」がいいとかなんとか言い出したあたりからは、悪名高き「あるある大辞典」の匂いもしてきた。マユツバ話でお茶を濁すフジの迷走は依然として続く。(放送2013年7月28日13時~)

(白蘭)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中